令和3年7月27日 

組合員様各位                

改善命令に対する報告について

 令和3年7月27日に法務省・厚生労働省より、弊組合は改善命令を受けました。

 その理由としまして、傘下実習実施者様の1社が認定計画に従って技能実習を行わせていないことを把握しながらも、技能実習が適正に実施されているかのような事実と異なる内容の監査報告書を外国人技能実習機構に提出するなど、適正な実習監理を行っていなかったと認められたことです。

関係する皆様に多大なるご迷惑とご心配おかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。

本処分に基づき、実習実施者様が認定計画に従って技能実習を行わせているかについて、適正な手法で監査を実施するための体制や監査手法について検討を行い、再発防止のための処置を実施してまいります。

弊組合は、より一層監査体制、法令遵守態勢を改善・向上させるとともに、質の高い運営を提供することができるよう、職員一丸となって取り組む所存でございます。今後ともご支援、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

以上